がっちりマンデー 11月21日放送

がっちりマンデー 11月21日放送

管理人コメント 今回はドア業界の紹介です。相変わらず面白いところをピックアップしますね(笑
毎日のように見るものですが、造っている会社について知っている方は少ないのではないでしょうか。
いろんなドアがあって楽しいですね。
この機会に豆知識を仕入れておきましょう。

年間総出荷額は約2200億円(経済産業省)といわれているドア業界の裏側に迫る。

ドア大手YKK AP

最新のドア業界の儲かり事情を探るため、年間総売上げ3000億円をほこるYKK APを訪れ、取材した

自動ドアNO.1会社 ナブテスコ

兵庫県神戸市にある自動ドアの国内シェア50%、年間売上400億円をほこるナブテスコを訪れ、取材した。普段は引き戸の自動ドアだが、いざというときは手で押すと開くことができる「パニックフリードア」を紹介。

ドアの上の力持ち!”ドアクローザ”って何? リョービ

広島県府中市にあるドアになくてはならない「ドアクローザ」を開発しているリョービを訪れ、取材した。ドアクローザはドアを安全に静かに確実に閉める役割をする。

スーパーでパタパタ…”スイングドア”の秘密

スーパーでよく見かけるスイングドアは荷物を運ぶ人たちが簡単に開けられるドアを取り上げる。
そこでスイングドアの全国シェア8割をほこるユニフローを訪れ、取材した。ドアはすべて3度傾けることで、ドアの重さで閉めるようになっている。なぜスイングドアでトップシェアをほこっているのかワケを聞いた。

トーシンテック

タクシーの手動式自動ドアを日本一作っているトーシンテックを訪れ、取材した。この手動式自動ドアの仕組みを解説。
タクシーの手動式自動ドアが日本中に広まったのは東京オリンピックで海外からのお客様へのサービスがきっかけ。トーシンテックは世界進出もしている。




  • 最終更新:2010-12-23 15:55:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード